以下、ブログ記事にするほどの熱をもてなかったこと。


10000時間あれば何かのプロになれると言うが、1日1時間で27.3年の計算になる。
30歳から始めても還暦前にはマスターだ。


本を読みたいが時間のない社会人のために、勉強したいがお金のない学生が「本を奢ってくれたら要約します!」と売り込むのはビジネスの予感がする。


『週末修行』という言葉で検索すると鹿児島かどこかの大学のテニサーが出てきた。
週末だけ伝統工芸品の制作にかかわる(修行する)という生き方があってもいいと思う。
平日の仕事やめてまで弟子入りする胆力なんて、普通の人にはないし。
「仕事やめてまで打ち込める情熱が必要なんだ!」と言われたらそれまでの事。


職場が暑すぎてUSB扇風機を買った。
とち狂った会社は『節電のためにUSB扇風機は禁止』などというとち狂ったことを言うらしいが、『USB扇風機の節電コストと私を失うコストを天秤にかけてください』くらいの事を言える胆力があればいいのに。
二次情報だが、USB扇風機の電気代は年間12円だそうだ。


たまに稼げる系の無料セミナーに行ったりするのは私が「どこかにおいしい話ないかなー」とか愚かなことを考えているからなんだけど、「『高額塾とか情報商材と戦う』ってなんとかして遊びにならんかなー」とかさらに愚かなことを考えた。
別に人をだましてお金巻き上げるのも才能と努力が必要だから商売として否定しないけど、でもなんかムカつくし。

無料セミナーに行く→高額塾の勧誘される→そのまま消費者庁に通報
という遊び?

一緒に遊び方を考えてくれる人は募集してます。


深夜にビジネス街を徘徊して明かりのついたオフィスの写真を撮る
これを繰り返すとブラック企業のあぶり出しができるんじゃないだろうか。