とあるライトノベル書きが言っていた。
ライトノベルはキャラクターが全て
だと。

その弟子が言っていた。
ライトノベルじゃなくてもキャラクターが全て
だと。

1人が主張するくらいなら「そういう意見もあるんだなぁ」で済ませるところですが、2人が主張しだすと「おっと、こりゃ本当かもしれない」といろいろ調べてみると、ツイッターで以下のようなアンケートがありました。



どうやら、キャラクター派が多数だったそうです。


ほう、これは、いよいよかもしれない。


もはや結論ありきだが、グーグルで『キャラクター 大事』と検索するとキャラクターの重要性を訴える創作ブログがもっさり出てきました。


おうけい、充分だ。仮説を立てるには充分だ。


【仮説】
キャラクターだけを検索できるサイトには需要があるかもしれない。


それに、ほら、私ってショートヘアのメガネっ子が大好きじゃないですか。
え、知らない?
じゃあ覚えてください。


ここまでブログを読んだオタクなあなたにも属性があるでしょう?


伝統的なツンデレが好きですか?
ここ数年急上昇中のマジメ系ギャルに首ったけですか?
あの双子の髪が青い方のように自分のすべてを受け入れてほしいですか?


ぶっちゃけ、ヒロインから作品をサーチできたら、楽じゃねえ?


【願望】
ヒロインを検索できるサイトがほしい
ヒロインきっかけでもいいから僕が見た作品を他の人にも見てほしい
できればショートヘアのメガネっ子を紹介してほしい


wikipediaも書籍の裏表紙もまずストーリーがあって、中身を見てキャラクターを気に入りますね?

逆にキャラクターが気になって、そこからストーリーを見て話を気に入る事があったっていいじゃないですか?


そこで、時々無駄に行動力を発揮するアイスクリームが編集自由なwikiを用意しちゃいました

まだ何もやってません。
名前をつけて借りただけです。

暫定的に二次嫁wikiと名付けましたが、この名前だってすぐ変わるかもしれない。
すぐやる気なくすかもしれない。
よくわかんないけど、とりあえずやってみたって感じ。

編集方針は、おいおいやっていきます。