マイ愛スクリームと申します。
一人称はアイスクリームです。


30半ばにして独身やってると、どうしても「結婚しないの?」という質問を受ける。

うるせえ

と封殺してしまいたい衝動がマグマのように湧き上がってくるし、

しょうがねえじゃんモテねえんだから

と精神的自傷行為に走りたくなる衝動も温泉のように湧いてくるのだが、ここはひとつ冷静に知的に考えてみたい。



1・まず、データから漁ってみよう
平成27年の国勢調査によると、30代の未婚率は3割で40代だと2割らしい。

また、離婚率も3割らしい(ちょっとこれは二次情報なのでリンク貼らない)。


とはいえ、正直データはそこまで正確じゃなくてもいい。


『結婚しない人は少なくない』
『結婚しても離婚する場合が少なくない』
って主張できればそれで充分なのと、
「結婚はいいぞおじさんはデータじゃ説得できない」
からだ。


2・結婚に経済的合理性がない
よくある『結婚はコスパ悪い』論。

コスパって話をするとそんなに悪くないと思っている。

家賃も、食費も、光熱費も折半した方がお得だ、という普通の発想。


だが、これは『本当に折半なら』という条件がつく。

周りの結婚している男の話を聞いてみると男が多めに負担している場合が多い。
俺は結婚してからも生活水準を下げたくない。


3・俺の遺伝子を残したくない
アイスクリームのようなダメ人間の子供はダメ人間に決まっている。

俺は、ダメ人間の面倒なんか見たくない。


仮に子供を育てることになったとして、アイスクリームのようなダメ人間の遺伝子をついだ子供だ。
間違いなくいじめにあう

いじめられるとわかってて子供を学校に送り出す自信はない。

したがって結婚の条件は『子無し』になるんだが、それでお相手候補が減る減る。


4・ここまで言えば
俺みたいなクズと結婚したがる女性がどこにいるんだ?
という話である。

したがって、最近は誰かから

結婚しないの?

と聞かれたら

いやあ、モテないんでwww

と答えるようにしている。