マイ愛すくりーむと申します。


ツイッターなりフェイスブックなり見ていると、人々の教えたい欲がすっげえなと思うんです。


副業したい方にアドバイスします!

起業を支援します!

集客の方法、教えます!

〇〇についてお悩みの方相談してください!

〇〇セミナー開催します!

あと……なんだ?
なんでもいいや。


だからね、こんなに『教えたい人』がたくさんいるんだったら、もはや


『教わりたい需要』より『教えたい需要』の方が多いんじゃないか?


と錯覚しそうになりますよね。

さすがに言い過ぎですか。
アイスクリームの周囲が異常ですか?



もう、教えたい人同士で教え合えばいいんじゃないの?


と、いうサービスなんていかがでしょう。



日本の大学行きたいんだけど、英語教えるから日本語教えてというアメリカ人

起業したいんだけど、営業教えるから経営教えてという営業マンが

最近太っちゃったから、財テク教えるからトレーニングしてというFP

デスクワークに転職したいし、DIY教えるから簿記教えてという職人


なんかこういう人、いそうな気がしません?

『教えるから教えてくれ』という願望を集めて、マッチングして、みんなで得るもの得ればいいじゃないですか。



名付けて教ェアリングエコノミー(ドヤァ)




smile
そんな目で見ないで


シェアリングエコノミーって言葉自体の説明は省略しますが、シェアリングエコノミーなビジネスはかなり増えてきてますよね。

しかも、物の貸し借りだけじゃなくて労力もすでにシェアリングエコノミーの対象となっている。

そろそろ、知識もシェアしようぜってわけです。


なお、これはただのひらめきレベルです。

実用化からサービス開始マネタイズまではどこかの誰かが勝手にやってください。
私は『成功した暁にひっそりとドヤ顔する権利』さえくれればいいです。


(余談)


ビジネス化するならポータルサイトなのかアプリなのか、参考になるサービスというか似たようなサービスはいくらかあるんだろうなぁ。

あと、グーグル検索で何も引っかからなかったのでサービス開始するなら今!