リア充になれなかったので世捨て人になります

リア充じゃなくても幸せになってやる

証券会社はキツすぎた

マイ愛すくりーむと申します。


「『社畜』の対義語ってなんだろ? 『不良サラリーマン』とかかな? それだと長すぎるよね。あ、『不良社員』か。なーるほど」


といった事を業務中に考えるくらいには不良社員です。



アイスクリームね、こないだ電話を受けたの(まるでアメリカンジョークが始まりそうですが、オチがありません)。


かつて俺が某大手証券会社にいた頃の同期、Mである。


彼は同期の中でも比較的営業成績が良く、支店内で比較的美人だった一般職の女性と結婚し、やがて本店に栄転となった男。

『3年で7割が辞める』と言われるあの業界で見事3割に入った選ばれし者、サバイバーであった。


方やアイスクリームは酸っぱい成績しか残せず、支店内で酸っぱい扱いをされ、今や中小企業で係長などという酸っぱい役職にすがりつく酸っぱい敗残者(Loser)である。


『敗北を敗北として受け入れられる』程度に大人になったアイスクリームはMからの電話を取った。



敗者は勝者をたたえればいい。

みっともない嫉妬はいらない。

不毛なマウンティング合戦はいらない。

彼の自尊心を大いに満たしてやればいい。

そうすれば傷つかずに済む。



愛「はいもしもし」

M「Mやけど」

愛「あー久しぶり。どしたの?」

M「あのさ……国債買わへん?」



(ああ、この男はこの10年近く、こんなくだらない電話をし続けてきたんだな……)



「もう……辞めなよ……」



完成された美しき社畜へ軽蔑(けいべつ)と憐憫(れんびん)とを一つにしたやうな声で言ってしまった。



まだ、決着がついていないような気がした。




1・証券会社は噂のとおり、きつかった


「証券会社に入りたい」なんていう大学生が目の前にいたら、こう言うしかないよね。


やめとけ


10年以上前から「証券会社はきつい」とネットに書いてあったわけだ。

入ってみたら大体その通り、きつかったもんね。


果てしないノルマがきつい

上司の罵詈雑言がきつい

世間の冷たい目がきつい



マジで寸分の違いもなく、その通りだったよ。



今は知らないよ?

少しはマシかもしれないよ?



でも、10年経っても友達に「買って買って」言わなきゃいけない仕事をお前は本当にやるのか?


参考:証券会社・営業マンの仕事内容と“仕事がきつい”といわれる7つの理由



2・入ってから向いていない事に気づいても遅い



ナンパできる

→断られても気にしない。次があるさきっと。


早起きできる

→太陽と勝負だ!


強靭なメンタル

→怒られてもてーきてーき。成長のチャンス!


人を金で判断する冷酷さ

→「いい客」は優しい客ではない。お金を出してくれる客だ。


素直さ(頭の悪さとも言う)

→先輩上司のいうことは絶対! 白いカラスだっているさきっと!


裏表がある

→支店内で鬼の形相、客の前では天使の笑顔



どれも持っていない事に気づいてからでは遅かった。



さあ、あなたはいくつ当てはまりましたか?




3・やめて気づく。証券リテール営業は異常だった


普通の会社は上司が部下に怒鳴らない

もちろん、机をバンバン叩かない。

証券営業やってた頃ね、就活生から支店に電話がきて「職場見学していいですか?」って聞かれたの。

それを支店長に相談したら「見せられるわけねえだろバカ!」って怒鳴られちゃった。

夢を抱いた大学生には見せられない職場だよ。


普通の会社は商品に需要がある

ネットで欲しいモノを自分で調べられる時代、本当に会社の商品に需要があるならマンパワーで営業をかける必要ないんだよ。

「ニーズは作り出せる」じゃねえよ。ねつ造だろうが。


普通の会社はしつこい勧誘をしない

会社に電話してくんなよ。
社長は会社にいねえよ。
お前らの電話一本一本が業務の邪魔なんだよ。
お前らの営業が効率的な仕事を阻害するんだよ。
お前らの相手しているせいで残業する羽目になるんだよ。
お前らの存在が『働き方改革』の妨害になってるんだよ。


と、しがない会社のしがない経理係長(定時退社)は申しております。



4・それでも証券会社に入りたい?



正気か?

趣味ってもっとハードルが低いものだと思う

アイスクリームです。
「多趣味ですね」と言われますし、「多趣味だ」と思います。



「自分なんて趣味ありませんから」と言われますが、無趣味な人ってそうそういないと思います。



テレビを見ているなら『テレビ』でいいし
少しでも音楽聴くなら『音楽鑑賞』で構わない
映画を1本観れば『映画鑑賞』と言い張ればなんとかなる。


窓の外をボーッと眺めて休日が終わるなら『風景観察』でどうだろう。
とりあえず喫茶店かカフェで隣の席の会話聴いて『人間観察』しちゃってもいい。
本当に家で何もしないなら『瞑想』でよくない?



1・多趣味と言われるわけ



と言いながら、別に自分が多趣味だと思ってません。


中学からバンドやってました。ドラム叩いてました。
→趣味①ドラム


関連して音楽をそれなりに聴くようになりました。
→趣味②音楽鑑賞


大学時代に『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』あたりからアニメへの偏見が薄まり、アイスクリームもどっぷりオタク側になりました。1番好きなアニメは『ストライクウィッチーズ』です。
→趣味③アニメ


就職してから地方に飛んだので友達いなくてお笑いDVDばかり見てました
→趣味④お笑い


転職してから少し地域活性にかかわり、月1で旅行しました
→趣味⑤国内旅行


旅行ブームの後、仕事がやたら暇になり本を読みました
→趣味⑥読書


以上6つの趣味があまり女受け良くないので何か共通の話題が欲しくて映画を見始めました。ちなみに1番好きな映画は『ファイトクラブ』です。
→趣味⑦映画


そして、先日、こんなものを作ってみました。



DSC_0511



最新趣味、盆栽


単に飽き性なだけかもしれませんが、とかく色々手を出してみたので話題が広く浅く薄く広がるんですね。


ゆえに、多趣味だと言われます。


でも、みんなも大体似たようなもんなんじゃないの?



2・そして気づく、自分がどんな人間か


ふと、自分のやってきたことを棚卸しすると気づくんですよね。


(ドラム以外だと)自己完結する趣味ばっか


あー、これはますます隠者になるしかないですね。


だって、1人でも楽しく生きてますもん。



3・永遠の友情とかないでしょう


30過ぎてくるとさすがにわかってくるんですよね。


多分、永遠の友情って存在しない


昔ちょっと仲良かった程度の友達とはもう滅多に連絡とらないし、もはやそれ友達だったのか?ってレベルだし。


学生時代から続いている友達も結婚とか出産とかをきっかけに関わり薄くなったし。


にも関わらず独身こじらせて、何やってんだろ俺。
と思わないでもない。


何故こいつは結婚できて俺はできないんだ!?
と夜の空に叫びたくならないでもない。


なんて考えながら少し婚活をやってみたりもした。
でも結局独り身なのは、私に需要がないからか、私が結婚を求めていないからか。


配偶者ですら一生一緒にいるわけじゃないですからね。
基本的にどっちが先に死ぬんですから。




よし、一人で生きよう




なんか、すごく話がズレましたね。

テレビがつまらない事について少しだけ調べた

マイ愛すくりーむと申します。
一人称はアイスクリームです。


「何者か?」というと、何者でもありません。
仕事は、強いて言えば『見習い隠者』です。
忍者じゃありません。隠者です。


できれば誰とも関わらずにひっそりと暮らしたいけど、先立つものがないのでとりあえずサラリーマンやっている。
なので『見習い隠者』を名乗ります。


テレビがつまらない。
ゴッドタンやお笑い向上委員会や脱力タイムズは面白いけど他はつまらない(そう、アイスクリームはお笑い好きです)。


とはいえ、朝起きると親がテレビをつけているものだから、あまりテレビを見ないアイスクリームでも朝の報道くらいは目に入る。


ここ最近の傾向を振り返ると、
モリカケ
→山口メンバー
→日大アメフト
ってトレンドだったと思います。


そんなに騒ぐような内容でもないのに、連日同じ話題で盛り上げれるテレビってすげえな、と思ってました。

友達も
「文書偽造も強制猥褻もよくないけど後で結論だけ教えてくれればいい」
と言ってました。

はい、概ね同意です。


あの有名なブロガーのブログにも


話題がどうしようもないのはもちろんですが、話の進行が遅くて見てらんない……CMもひどいし。ほんとうに、老人向けなんだろうなぁ。

「暇人、情弱、高齢者のメディア」としての色が強化され、ますます愚かになっていきます。


はい、見放されてますね。


テレビ報道についてはここ最近ずっと『漠然とした疑問』を抱いていたし、なんかいい機会だ。ちょっと調べてみようか、という事で会社帰りに買いました。





内容を(今回の記事に必要そうな部分だけ)ザクッとまとめると、


インターネットの発展とスマホの普及により若者がテレビを見なくなった

→テレビ局は人工的な層が厚く、暇の多い60歳以上の老人をターゲットにするようになった

→現在60~70前半の人たちが大学生だった1960年~1970年代は学生運動が盛んで反権力的な傾向になった

→さらに、例えば首相とか、自分と同じ世代が現役で活躍しているのを見てやっかみを覚える

→政府を批判した方が視聴率をとれる

→偏向報道に走る(モリカケ問題は終わらない)


といった感じ。


暇、情弱(ネットに疎い)、高齢者
↑有名ブロガーの方の指摘する3点すべてを満たすのが60歳以上無職なわけで……なんか、つながった。


厄介なのは(少なくとも短期的には)ビジネスとして合理的な事ですよね。

視聴者の喜ぶ内容を放送すれば視聴率が伸びて、つまりスポンサーが喜ぶんですからね。

僕ら(一応30代です)がいくら騒いだってテレビ局はなんとも思いませんよ。
そもそもテレビ局は僕らに見てほしいとは思っていない訳です。


じゃあ、僕らはどうしたらいいかって、
当分テレビは老人向けのメディア


いやあ、スッキリした。


とはいえ、せっかく勉強しだしたんだし、もう1冊くらい読もうかと思って買ったのはこれ


マスコミはなぜここまで反日なのか
ケント・ギルバート
宝島社
2017-09-25






こちらはまだ途中ですが、
『誰がテレビを殺すのか』はネットビジネスやインターネット技術の発展史から
『マスコミはなぜここまで反日なのか』は世界史、日本史、法律的な目線から
最近のメディアを分析しております。


同じようで、少し違う。


もう少し本を読んで、もう少し詳しくなったら、もう少し良いブログを書けるかもしれん。
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
  • ライブドアブログ