リア充になれなかったので世捨て人になります

リア充じゃなくても幸せになってやる

本を読まない人が本を読む人になるためのはじめの一歩を探す

マイ愛すくりーむと申します。

『本を読む人と読まない人の違い』、といった記事がweb上にあがってくる昨今、さぞかし『本を読まない自分』にコンプレックス感じる人もいるんでしょうな。
それにしても、


本を読む人は愚かじゃない
本を読まない人は大体愚か


で終わってしまうような内容をブログの記事になるまで長々と書けるブロガーの才能には平身低頭してしまう。

この時点で「愚かとは何事か!」と、憤慨してブラウザバックするような人間はそれこそ愚かなのであり、愚かな余生を全うすればいい。


あなたがどの程度の愚か者なのか、はたまた私ごときを上回る賢者なのか知る由もないが、私も『読書嫌いから読書好き』になった1人なので、日本中の愚か者を救えるかは甚だ怪しいものの、愚かな自分を客観視して焦りだした者の1人か2人は救えるのではないかと思い、自分の経験を共有する事とした。


0・簡単な本を読む

スキーやスノボの素人がいきなり上級コースを滑れるはずもなく、英語を学び始めたときはアルファベットから始めたはずで、何かを学ぶには『簡単なものから難しいものへ』慣らしていく方がうまくいきやすい。

それが読書となると何故か最初から難しい本を読もうとする人がいる。
義務教育で読み書きを習っているので『読み書きにもレベルがある』という事を都合よく忘れているのである。そう、読み書きにもレベルがある。私の愚かなブログよりイケハヤ氏のブログがはるかに面白く読みやすいように。

昨日今日ロードバイクを始めた少年がいきなりインターハイに出るなどという所業は少年漫画、それも弱虫ペダルだけの話であり、ノンフィクションを生きる我々の世界では素人は簡単なところから始めるべきなのである。


1・(内容の)薄い本を読む

著者プロフィールがやけに長い書籍や
とにかくタイトルが甘い書籍
アマゾンで不自然に高評価が多い書籍

概ねこの辺の条件を満たす書籍に『内容の薄い本』が多い。
ビジネス書ならぬ、ビジネス書(笑)である。





ビジネス書(笑)からは学べることがほとんどない反面、文字が大きく文章が平易で読みやすい。

この手のビジネス書(笑)はあなたの人生を変えることは決してないが、『まず、本に慣れる』という目的においては良書が多いのである。


2・(物理的に)薄い本を読む


とはいえ、ビジネス書(笑)の類は、内容が薄い割に物理的には分厚いので持ち歩きに向かない。

しかも、ビジネス書(笑)を読んでいるというのは自ら愚か者を喧伝しているようなものであり、平たく言えば恥ずかしい。
この手の本は自宅で読んで、しかも読んだ事を知人友人恋人家族に知られてはいけないものである。

新書であれば、凡人も勉強のために読むし、賢者もサラッとした情報収集のために読むので恥ずかしくない書籍なのであるが、読書慣れしていない人には難しいものが多い。


苦役列車 (新潮文庫)
西村 賢太
新潮社
2012-04-19



芥川賞は基本『短い話』が受賞するので、比較的読みやすいだろう。
問題は映画、ドラマ、バラエティ、アニメに毒された我々にとっては退屈この上ない作品が多いこと。

『苦役列車』なんか、ぶっちゃけ『ダメ人間がダメ人間のまま』っていうどうしようもないストーリー(その後小説家になるんだけど、それは後日談)で何がどう楽しいのかわからない。

ただ、芥川賞作品を読んでいること自体は恥ずかしくないし、何より短いから『脱読まない人』するためにはいいと思っている。


3・短編集を読む

始めの数ページを読むだけで眠くなる人間もいるだろう(私はそういう人間の気持ちが理解できないが、そういう人間がいても不思議じゃない、という想像力を養えるのが小説を読む利点である)。

じゃあ、もう、数ページでオチが来る物語を読むしかなくなる。


ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一
新潮社
1971-05-25



星新一のショートショートは数ページで起承転結きっちり終わらせてくる。
数ページ読んで眠くなるなら、眠くなるタイミングで話が1つ終わる。
1日1話、寝る前にでも読んで、最終的に読破できれば少しは読書体力がついているだろう。


4・知ってる本を読む

小説原作の映画や、映画のノベライズはよくある話。
見た映画は『既に知っている』分だけ、小説を読む時のストレスが減る。


小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA / メディアファクトリー
2016-06-18



または、自分の仕事に関係していれば読みやすいだろうか。





自分の仕事に関連するお仕事小説なら「わかるー」やら「あるあるー」やら「さすがにそれは嘘でしょー」やら言っているうちに読めてしまったりする。
ちなみに『女子大生会計士の事件簿』は(物理的に)薄い本でもある。


5・詩集を読む

中原中也詩集 (新潮文庫)
中原 中也
新潮社
2000-03-29






短さを突き詰めると詩や短歌、俳句になる。

ここまで来ると『果たしてそれは読書なのか問題』が勃発するわけだが、文字を読まないで生きてきた人間が詩集を読むようになった、というのはピーマン苦手な子供がピーマン入りのハンバーグを食べるようであり、カナヅチがとりあえずプールに浮くことを覚えるようでもあり、つまり0を1にする行為であり、称賛すべき一歩なのである。


6・まあ、本屋に行けよ

私の過去からヒントとなりそうなものをいくつかあげさせてもらった。

しかしながら、1人として同じ人間がいないのだから『誰でも本読みになれる魔法のメソッド』のような自己啓発本のタイトルになりそうなものは存在しない。

自分の足で本屋で実物を見て「これなら読めそうだ」「これなら面白そうだ」から始めるのがやはり王道である。と、自分で気づいた頃には愚か者じゃなくなっているだろうよ。

東京オリンピックのボランティアに給料を払えないか考えよう

マイ愛すくりーむと申します。
一人称はアイスクリームです。


1・一部界隈でブチ切れ続出の東京オリンピックやりがい搾取問題

アイスクリームはオリンピックのボランティアはお金をもらってもやらない。
見るつもりもない。
非国民っていうか、世捨て人なので。

しかし、他人事ながらオリンピックのボランティア募集は酷いなと思っています。


キャプチャ
頑張るほど(連泊するほど)お金がなくなるお仕事です

そして下の画像も相まってやりがい搾取と炎上しているところまではネットにお詳しい人なら知っているし、知らなかった人はここで覚えればいいじゃないですか。

c7ac9c8452f833b00043595d45ee78ae


そこでアイスクリームが抱いた疑問は、JOCはボランティアに日当を

ないのか

ないのか


というものです。


払わないのであればやりがい搾取だし、払えないのであれば事業として破たんしています。


2・日当を計算してみよう

まず、ボランティアの募集人数は80,000人だそうです。

キャプチャ

80,000人と数字だけ言われてもピンとこない方にバカリズム的発想で説明すると、


京都府長岡京市の人口が80,090人(wikipediaより)
三菱重工業の正社員の人数が81,845人(東洋経済Onlineより)
2015年にAcid Black Cherryがフリーライブに招待した人数が約80,000人
関ケ原の戦いで島津義弘が撤退するために300人の手勢を連れて80,000人の軍隊に突撃したと言われている


しかし、三菱重工の正社員を丸ごと導入するって考えると、なんかすごそうな規模ですよね。
調べてて自分で驚きました。


そんな三菱重工の正社員全員を5日間、日当1万円で使用したとします。


80,000人×5日×10,000円=4,000,000,000円


40億円ですってよ、奥さん!


ちなみに40億円と言われてもピンとこないのでグーグル検索したところ、40億円あると異世界に移住できるそうです。


宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 1 (MFC)
今井ムジイ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2017-04-22



さて、JOCは異世界に行かずに40億円をボランティアに払えるのか、少ない資料から一応検討してみましょう。


3・数字を見てみよう

公会計はほとんど知らないのでそういうのに詳しい人が考えた方がいいんでしょうが、40億円払えるかどうかくらいならアイスクリームでも検討できるでしょう。


2020年までの事業計画を見られれば良かったんですが、HPに該当する資料を見つけられず(誰かご存知の方、教えてくれないかなー)。


とりあえず、公開されている平成28年度貸借対照表でわかる範囲で考える。

現預金残高1.7億円
短期借入金100億円


あー、なんとなく40億円はねん出できなさそうだなぁ。

2020年度までの事業活動やオリンピック自体の収益で稼げるかもしれないけど、今見えている数字では無理そうだなぁ。


4・まとめ

使えそうな情報があったら検討の加えるので誰か教えてほしいんですが、とりあえず、今のところボランティアに出すお金はなさそうです。

仮にJOCにお金があろうがなかろうが、仕事をタダでやらせようって魂胆がやりがい搾取なことに変わりはないんで、ますます炎上することをお祈り申し上げます。

「高度プロフェッショナル制度」の本当のヤバさを考える

マイ愛すくりーむと申します。
一人称はアイスクリームです。


方々で話題になったりならなかったりしている高度プロフェッショナル制度(以下、高プロ)だけれど、わざわざこのブログまで見に来る人というか、この制度に関心あるような勉強できる人にはアイスクリームから解説できることは何もない。


したがって、細かい説明は省略します。
丁寧な説明をしている記事なんていくらでもあるので、まずお勉強したい方はそちらをどうぞ。



1・制度の理念や考え方に違和感はない

高プロの対象となるいわゆる『高度人材』の仕事ってざっくり言えば

長く働けば成果が出るってもんじゃない
定時に出社すれば成果が出るってもんじゃない
なんなら自宅だろうがノートPC持って旅行先で仕事しようが成果が出る時は出る

といった特徴があります。

何処で何時間働いたか ≠ 成果
な仕事に対して、残業したから給料上げるとか遅刻が多いから給料下げるとか、そんなしょうもない事で評価するなんてナンセンスじゃね?


これがザクッとフワッとした高プロの考え方。


アイスクリームは以前『コンサルめいた仕事』をしていたので、近い経験はある。


2・とある高プロめいた仕事はこんなだった

月曜の朝、会社支給携帯に上司から
『水曜までに〇〇~〇〇をやっておいてください。作業場所は問いません
というメールが来る。

家でパソコンを起動、業務内容を整理する。
……なるほど、これなら別に家でできるな。相談も電話で済むし。

家でできると判断ついたのでスーツを脱いで普段着に着替えて、ノートPCで出社打刻してポチポチとエクセルをいじり始める。

途中で資料の不足に気が付いたので夕方にクライアントへメール。
退社打刻してノートPCを閉じる。


火曜日の朝、寝間着のまま布団の中でノートPCを起動して出社打刻。

メールチェックをして異常がないのを確かめ、月曜日からの作業を継続する。

昼ごはんは家の近くの定食屋で済ませる。
周りがスーツなのに自分だけ油断しきった寝間着なのが少し恥ずかしいが、仕事はしているんだから文句を言われる筋合いもあるまいて。

昼頃にクライアントから追加の資料がメール添付されてくる。
お礼ついでにいくつか質問事項を送る。

定時には作業の9割方が終わる。
上司に「明日の午前には終わりそうですけど」と電話で聞くと「じゃあ午後は遊べばいいんじゃないですか?」と言われた。

「午後休より、全休だろう!」
少しやる気が出て結局その日のうちに終わらせてしまう。

退社打刻と残業申請してノートPCを閉じる。


水曜日、上司に「昨日やっちゃったので今日は全休でいいすか?」と聞くと「クライアント報告する作業時間が足りないんで、今日は働いたことにしてもらえます?」と言われる。

これは「何をしててもいいけど出社打刻と退社打刻はしてくれ」という意味で、その通りに出社打刻、終日読書にふける、退社打刻のコンボを決める。


大量のフェイク混じってますし、極端な3日間でしたが、昔はこんな感じの仕事をしていました。

もちろん、平常運転時はスーツ着て客先で終電までカタカタ手を動かすこともありましたし、徹夜上等な日もありました。
それはあくまで成果のみを求められる仕事だったからです。

『残業しようがしまいが、サボろうがサボるまいが構わない。会議がないなら有給とって構わない。客先に用事がないなら家にいても構わない。でも期日までに絶対に終わらせろ


この3日間の行動の良しあしは別にして、
「もはや定時だとか残業だとか休日だとか関係ない」
そういう仕事があるんだという事が伝わると幸いです。


さて、このようにですね、理屈だけですと高プロは必ずしも悪くないんですが、仕事の現場を知るといかにヤバいかがわかってきます。


キーワードは《評価基準》と《権限》です。


3・本当の問題①《評価基準》

さて、純粋に結果のみが評価される仕事ですと長時間労働が必ずしも美徳とはなりませんし、やるだけ無駄なこともあります。
難しいと思われた仕事が実は秒殺だったりします。
方や、秒殺に見える仕事が3日間の徹夜必至だったりもします。

おそらく、仕事が高度になるほど、言葉通り高度でプロフェッショナルな仕事になるほど仕事の難易度を客観的に評価しにくくなります。

さらに、技術革新や法改正、行政の判断によって仕事の難易度が乱高下します。

所要時間や難易度を客観視できない仕事で公正な評価基準(つまり年俸の判断基準)を作るのはさらに困難です。

上司は「自分がやった事がない仕事の難易度を知らないまま、部下の成果を評価する」のです。


4・本当の問題②《権限》

純粋に結果のみが求められる仕事であれば、理屈では過程で何をやっても許されるはずです。

本当の問題は、実際は何をやってもいいわけではない、ということです。

新技術が使われた機材やシステムの導入を検討するとします。
一般的な事業会社では、そこに予算の制約があり、さらに上長の承認が必要となります。

『必要ならいいよ好きにしなよ』という太っ腹な社長ならいいです。
しかしこのご時世、まだまだ『そんなもん気合いと根性でなんとかしろ』と言い出す昭和価値観の社長がまだまだ多いでしょう。

しかも60代70代のトップに限って新技術の導入を『よくわからない』というトップとしての資質を疑う理由で却下します。

結果しか評価しないけど過程もガチガチに縛る、というのは権限は与えないが責任は負わせるがという矛盾した思想なのです。


5・まとめると

高プロという制度は理屈的にはご立派かもわかりません。
しかし、実際の現場では

① どうしても恣意性が混じってしまう仕事で
② 権限は与えないけど責任はとってもらう

という事態が横行する予感がしています。

結果、高プロの人は定額働かせ放題で1075万円じゃ足りないレベルの仕事をやらされ、最後にぶっ潰されることになるんでしょうね。


日本の事業会社を知らない人が制度を作るとこんなにも机上の空論になるのか、とちょっと勉強になりましたよ。


結論:(まだ僕には関係ないけど今のうちに)反対
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
  • ライブドアブログ